未分類

サッカーイングランド代表チームご紹介

ヨーロッパ有名なサッカーチームイングランド代表をご紹介

チーム歴史

イングランド代表チームはイングランドサッカー連盟協会が運営するサッカー代表チームで、歴史的な原因ために、イングランド、イングランド、スコットランド、アイルランドは4つ独立した国内サッカーチームとして存在している。 アイルランドが英国から独立する前に、アイルランド共和国の前身であるアイルランド自由国家として新しいサッカー協会を結成し、元アイルランド・フットボールリーグは北アイルランドを継続し、合計5つの代表チームをイギリス島に連れて行った。近代サッカーの発祥地として、サッカー市場は、地域で最も発達して最も強力なサッカー経済であり、イングランドはプロスポーツの世界の中心であり、6年連続1976-1982シーズン独占のイングランドクラブ(欧州カップ)欧州チャンピオン リーグの前身である。イングランド公式代表チームとしてのデビューは1872年スコットランドとの公式国際試合で、152年以上にわたってヨーロッパのサッカーパイオニアであった。近世紀、イングランドは195の勝利、116勝、47の点数を引き分け、32の損失点を獲得し、ヨーロッパのトップを争っている。

愛称とチームエンブレム

イングランド旗は実際にチューダー王朝(1485-1603)の期間、イングランド地域またはイングランド王国イングランドの旗である、チューダー王朝エドワード6世は国旗としてセントジョージバナーと名づけられた赤十字を設定されて、3つのライオンズの記章は中世に始まり、記章はヘンリー1世、ヘンリー2世、リチャード・ライオンズに関連して、 ライオンズはローマ帝国で最初に記録され、愛称の「スリーライオンズ」はイングランドサッカー協会のエンブレムに描かれる「3つのライオン」にから、これはイングランド王室紋章に由来するものである。現代イングランドの国章は、「獅子心王(Lion Hearted King)」とイングランド王リチャード1世が第3回十字軍隊で使用した紋章が発祥ものである。それに、イングランド国花としてのバラ、薔薇戦争終わらせたチューダー朝の紅白の「チューダーローズ」を扱っている。ユニフォームの色に合わせて紺の縁取り(体)で盾形にデザインされた白のフィールドに爪と口の中が赤紺の獅子が三頭配されている。

サッカー成績

昔から世界を代表するサッカー強国として知られている。しかし、FIFAワールドカップで4強進出は地元開催で優勝した1966年大会と4位になった1990年イタリア大会の2度だけである。また、ワールドカップと並ぶ国際タイトルであるUEFA欧州選手権においては決勝すらなく、1968年大会で3位に入ったのが最高成績である。UEFA加盟国の中でワールドカップ優勝の経験を持ちながら欧州選手権に優勝していない唯一の国であり、FIFAワールドカップ優勝経験ある全て国の中で唯一各大陸選手権で優勝していない国でもある。

サッカーイングランド代表もっと詳しく情報を知りたい方は公式サイトをご覧ください。イングランド代表サッカーグッズなど製品をご興味がある方は下記URLをリンクしてください。

URL:https://jleagueuniform.com/national-team/infurando-162

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です